下瀬眞一
競馬

下瀬眞一がお届けする競馬情報「JBC3競走&JBC2歳優駿」

みなさん、どうも。下瀬眞一です!

今回は地方競馬編として、11月3日(火)に地方競馬場で行われる“ダート競馬の祭典”「JBC3競走」&「JBC2歳優駿」の情報をお届けします!!
今年はJBC3競走が大井競馬場、JBC2歳優駿が門別競馬場での開催となり、史上初の2場開催で行われます。

『Road to JBC』のレースを勝利・善戦した各馬を中心に、今年も楽しみなメンバーが出走を予定しています。

JBCクラシック
・クリソベリル(牡4、JRA)
国内では7戦7勝と負けなしでJRA賞最優秀ダートホースにも輝いた王者。
・オメガパフューム(牡5、JRA)
大井2000mはこれまで5戦3勝・2着2回と連対率は100%
・チュウワウィザード(牡5、JRA)
通算16戦9勝、2・3着各3回と抜群の安定感を見せている。
・ノンコノユメ(セ8、大井)
JRA在籍時にはGI・JpnIを2勝。得意の舞台で切れ脚に期待したい。
・サウンドトゥルー(セ10、船橋)
前走の東京記念では休み明けながら7馬身差で圧勝。3年ぶり2度目のJBC制覇となるだろうか。

JBCスプリント
・コパノキッキング(セ5、JRA)
ダート1200mの重賞で3勝の実績は上位。JpnI初制覇に期待がかかる1頭だ。
・ジャスティン(牡4、JRA)
前走の東京盃を勝利し、大井1200mは2戦2勝。大一番でも要注目の存在。
・マテラスカイ(牡6、JRA)
中央、地方、海外で積んだ実績は上位。時計が掛かる馬場への対応がカギに。
・ブルドッグボス(牡8、浦和)
昨年のJBCスプリントを勝利し、JpnI初制覇。地方馬初のJBC連覇も十分可能。

JBCレディスクラシック
・マルシュロレーヌ(牝4、JRA)
前走のレディスプレリュードを快勝。地方のダートもこなし、本番でも主役となりそうだ。
・プリンシアコメータ(牝7、JRA)
牝馬ダートグレード4勝は現役最多。自分のかたちに持ち込んでJpnI初制覇へ。
・マドラスチェック(牝4、JRA)
TCK女王盃優勝、レディスプレリュード2着。走り慣れたコースで逆転を狙う。
・ファッショニスタ(牝6、JRA)
デビューからここまで21戦して掲示板外は1度のみ。抜群の安定感を誇る。
・サルサディオーネ(牝6、大井)
マイペースで行ければ持ち前のしぶとさを発揮することができる。

JBC2歳優駿
・タイセイアゲイン(牡2、JRA)
初の右回りになるが、底知れぬ魅力があり先々まで楽しみな1頭。
・レイニーデイ(牡2、JRA)
一気の相手強化でも、マイペースで行ければ粘り込みが期待できるだろう。
・シビックドライヴ(牡2、北海道)
中距離への適性は十分。早め先頭の競馬ができれば好勝負になるか。
・ラッキードリーム(牡2、北海道)
差し脚は堅実なことから、流れひとつで好勝負が可能。

枠順の確定は明日10月31日(土)です。

この注目の一戦を、みなさんもお見逃しなく!
以上、下瀬眞一でした。

下瀬眞一

競馬大好き、下瀬眞一です! 週末レースの情報を発信していきますので、よろしくお願いします! たまに予想もします!(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です